ワールドカップラグビーにわかファン急増

日本で開催されているワールドカップラグビーは予想に反した日本代表チームの活躍でたいへんな盛り上がりをみせています。ラグビーそのものは日本ではサッカーや野球のようにはあまりファンが多くないのが現状で、実際に私もそんなに試合は観戦したことはなく、体格の良い男たちが楕円形のボールを奪い合って走り、基本的にボールを前に投げてはいけないということくらいしか知りませんでした。でも、何試合も見ていると色々なルールが数多く出てきます。ある程度基本的なルールを理解していればもっと楽しめるのではないでしょうか。

調べてみると最も簡単な基本的な4つのルールを先ずは理解することが必要なようです。

1、ラグビーは陣取りスポーツであるまずこれです。これが一番基本だと思います。「ラグビーって一言でいうと何なの?」と言われれば、「陣地を取るスポーツです」と答えるのが一番でしょう。ラグビーって何をしているかと言われれば、相手陣へと何とかして進もうとしているが答えでしょう。

2、ボールを前に投げてはいけないボールを前に投げて進むことはできませんボールは後ろか横にしか投げることができないです。となると、前に進む手段はボールを持って進んでいくしかありません。このボールを前に投げる反則をスローフォワードと言います。

3、ボールを前に落としてはいけない。ボールを前に落とす反則をノックオンと言います。

4、ボールを前に蹴るのはOK。ボールを前に投げるのは反則ですが前に蹴るのは反則ではありません。

以上が基本的な4つのルールのようですが、他にキックに関して次のように2つのキックがあります。

フリーキック
やや重い反則からのプレー再開時に相手に与えられるキックで、キックの方法・方向は自由ですが、直接ゴールを狙うことはできません。
ペナルティーキック
重い反則からのプレー再開時に相手に与えられるキックで、キックの方法・方向は自由で、直接ゴールを狙うこともできます。
反則のあった地点またはその後方で、フィールド左右のタッチラインに平行な線上の任意の地点からキックができます。
 
さあ、これでラグビーを楽しんで観戦することができますね。
もうひとつ、試合終了のホイスルをノーサイドの笛と言いますが、ラグビーは試合終了と同時に敵味方の両サイドがなくなり(ノーサイド)お互いの健闘を讃え合います。他のスポーツでも試合後お互いを讃え会うことはありますが、ラグビーの試合をテレビで観戦しているとどの試合もこのお互いの讃え合いが気持ちがこもっていて感動します。直前まで敵と味方で戦っていたことを感じさせないお互いを労う表情がやはりラグビーの魅力ではないでしょうか。

ファイターズ 栗山監督続投!!

栗山監督の来年度続投が二日決まった。都内にある日本ハム東京支社で行われたオーナー報告の席で、畑佳秀オーナー(61)から1年間の契約延長の要請を受け、受諾した。来季で9年目となり、連続在任年数は球団最長となる。今季終盤には成績不振に終わり、一時は首位のチームに0.5ゲーム差まで追い上げたのに、9月になってあれよあれよと言う間に連敗を繰り返した結果、クライマックスシリーズに参戦できる3位以内のAクラスも確保できず5位となってしまった。栗山監督としては今季終盤には成績不振の責任を取って辞任の意向を球団に伝え、球団に最終判断を委ねていたが、最後は畑オーナーから背中を押されたようです。畑オーナーの言葉としては「栗山監督といろいろ話をさせていただいて、次に向けての課題も明確になりました。来シーズンは巻き返しを図りたいところで、北海道日本ハムファイターズを本当に愛して指導していただいている、そして、よく分かって頂いている栗山監督に、チームを引っ張っていってもらいたい。監督で、お願いしたいと考えております。」と言う記事が載っていました。

Bクラスの5位からの巻き返しするには課題は山積しています。先発投手陣の整備、長打力不足の解消、正三塁手の育成、若手のレベルアップに助っ人外国人の構成など。2年連続、夏場に失速したのも事実。全てを熟知し、フロント陣と一体となって取り組む指揮官だからこそ、来季も託された。気持ちは“新監督”として臨む決意だ。「自分の中では、12年に監督になった時以上に、思いを持って前に進む」。畑オーナーや同席した川村球団社長からは「ケジメをつける、責任を取るのであれば、来年勝つことも責任だろう」と言う言葉に対し「それしかない。優勝します」と応えて、心の中で再びユニホームに袖を通し覚悟は決まったらしい。

それにしても、普通なら今季の終盤のような戦い方で連敗を繰り返していれば、監督辞任が普通だと思いますが、なぜ、慰留されるのだろうか、オーナーの考え方もあるようですが、やはり栗山監督の人柄による結果なように思います。本人と直接会ったこともなく話した事もありませんが、試合中の監督の表情、態度、若手選手の起用方法等をテレビを通して見ているだけでも、ただ成績だけを重視する一般的な監督とは違う人間性が感じられるような気がします。

人間性の内容は人それぞれあると思いますが、自分のことだけでなく真面目に他人のことを思いやって日々行動していれば、自然とよい評価が得られてくるのでしょう。

来シーズンこそファイターズの活躍を期待します。

渋野日向子女子プロ 攻めのゴルフで好成績!!

渋野選手が突然話題の人となっています。岡山県出身の若干二十歳の女子プロゴルフ選手です。

8歳から競技を始め、2018年のプロテストに2度目の挑戦で合格、翌年2019年には国内メジャー「ワールドレディスサロンパスカップ」で早くもツアー初優勝。20歳178日での優勝は2015年チョン・インジ(韓国)の20歳273日を更新する当時の大会史上最年少で優勝し、同年「資生堂アネッサレディス」で2勝目。同年の海外メジャー「AIG全英女子オープン」に初出場で優勝し、日本勢としては1977年「全米女子プロ選手権」の樋口久子以来となる42年ぶり2人目のメジャー制覇。20歳で初出場の海外メジャー大会で優勝して日本に凱旋し、9月には「日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯」初日で国内大会での連続オーバーパーなしのラウンドを「29」と伸ばし、ツアー最長記録を達成しています。

渋野選手のいいところは常に攻めのゴルフを忘れないことのようです。特にパットでは、日本の選手はショートにすることが多いようですが渋野選手の場合はショートはほとんど見られません。日本プロゴルフ協会が発表した1ラウンドあたりの平均パット数で第2位、さらにパーオンホールでのパット数は第1位の成績(1.7577)です。チャンスになればなるほど攻めの姿勢が強くなる性格のようですね。もちろん、グリーン上ばかりでなくティーショットでも随所に攻めの姿勢がみられました。全英女子オープンの時も最終日に通常ならば刻んで行くところで勝負をかけてワンオン狙いにいってるところもありましたね。強めに打って入ればバーディー、外れれば返しも入らず3パットになってしまうくらい強めに攻めているようですね。実際にそうなってしまった試合もありましたが、全英女子オープンの最終ホールはバーディーパットをかなり強く打っていい結果につながったようです。

もうひとつ渋野選手の魅力はあのスマイルですね。長いラウンドの中でもオンとオフの切り替えが上手く、ホールからホールへの移動中にもギャラリーへの笑顔の気配りは素晴らしい態度だと思います。イギリスのメディアもスマイルシンデレラと称して彼女を絶賛していたようです。

f:id:sinmaisinia:20191002221651j:plain

パーオンしたホールの平均パット数。
【パーオンホールの総パット数÷総パーオンホール数】
※最初に球がパッティンググリーンに乗った後のストロークは全てパット数に数えるものとする。(パッティンググリーン上で救済した球がパッティンググリーン外でインプレーになった後のストロークも含む。)。規定ラウンド数を満たしている選手のみ対象とする。

UNISYS Unisys Scoring System
順位 氏名 平均パット数 試合数 ラウンド数
1 渋野 日向子 1.7577 24 78.0R
2 申 ジエ 1.7594 20 61.0R
3 勝 みなみ 1.7665 23 59.0R
4 佐伯 三貴 1.7765 20 59.0R
5 イ ミニョン 1.7766 24 77.0R
6 鈴木 愛 1.7791 19 62.0R
7 上田 桃子 1.7792 21 68.0R
8 黄 アルム 1.7856 25 79.0R
9 全 美貞 1.7878 24 76.0R
10 河本 結 1.7926 26 81.0R

 

オンとオフの切り替えを上手に行い、常に積極的な行動に徹することができれば、毎日の生活がより良いものになっていくのではないでしょうか。

MOMO3号機 ハンバーグを乗せ大樹町の空へ

令和1年5月4日堀江さんが出資するインターステラテクノロジスが作成した小型ロケットMOMO3号機が北海道大樹町から打ち上げられ、民間単独で初めて宇宙空間に到達したました。

 

f:id:sinmaisinia:20190918094529j:plain

先日、この事に関するテレビ番組をやっていました。轟音の発射と同時に見学者からは歓声が上がり徐々に加速し大樹町の空へと消えましたが、モモ1号機は2017年、2018年にはモモ2号機が打ち上げ失敗に終わっているだけに、インターステラテクノロジスの社員ははたして宇宙空間まで届くのかどうか固唾を飲んで見守っていたようです。宇宙空間に達するには高度100km以上でなければならず、この距離に達したのは民間で日本初です。今回の打ち上げ成功により発射場を拡大する機運が高まり、日本航空研究開発機構(JAXA)が期待している日本のロケットビジネスにようやく芽生えた民間主導のこの事業を根付かせるため、北海道の官民協力をこれまで以上に取り組んでいく必要があるようです。

インターステラテクノロジスは2023年度にも人工衛星を載せられる2段ロケット「ZERO(ゼロ)」の打ち上げを予定していて、今回打ち上げたモモ3号機の重さが約1トンなのに対し、開発中のゼロは燃料を含む重量が36トンに達します。このサイズのロケットを飛ばすには大樹町の現状の設備では不十分で、拡張することが必要なようです。

大樹町では35年前から宇宙産業の誘致を進めてきており、今回の成功で「ZERO」打ち上げの機運も高まり、北海道は十勝総合振興局に航空宇宙事業の相談室を立ち上げました。ここで道は道内企業がより多くの部品を収めれるように、関連企業向けの説明会を開催しているようです。

北海道大樹町といえば、私の中では酪農の町で十数年前に大手乳業メーカーが乳製品にて黄色ブドウ球菌による食中毒事件を全国規模で発生させた悪いイメージの町でしたが、今回の宇宙事業のことで明るい将来の見える町として印象ずけられました。

 

 

子供みこし!! リヤカーに乗って走る

9月5日、町内会で子供みこしを実施してきました。毎年恒例ではありますが昨年はたまたま台風に見舞われ中止となっていました。しかもその夜にあの胆振東部地震があり我が町の神社も被害を受け、一年経った今でも復旧していません。そのためみこしの魂入れは神主さんに出張して頂いて実施しました。

f:id:sinmaisinia:20190914224732j:plain

参加者は小学生と中学生で、実際には写真のようにはみこしを担ぐことはできませんので、我々大人が台車としてのリヤカーにみこしを乗せ引いて歩きそれにつながった紅白のロープを子供達が引いて歩くかたちです。みこしの他にもう一つのリヤカーには太鼓を乗せて歩きます。前半に一回りした後は、大人みんなで子供達とみこしを車で移動し、そこから会館に向かって帰ってきます。途中、中学生中心にお賽銭箱を持って地域の人達からお賽銭を頂きながら廻ってきます。終了後は、子供達は全員お小遣いを貰って赤飯を持って解散していきました。みんな、おこずかい貰えてにこにこ顔でした。

今年の参加人数はなんと約90人でした。毎年沢山の子供さんに参加してもらってますが今年は2年ぶりということもあって特に多い年でした。この地域の子供会の人数は約30人しかいないのに3倍近い人数が参加したことになります。

我が町の町内会でも昔はそれぞれ子供みこしを催していたようですが、今では私の町内会の他は一ヶ所のみなので、他の町内会からも参加するの他、地元出身の人達が他の町村から自分の子供を連れて参加するので毎年多人数となってしまいます。町外の人達が子供を連れて参加するのに全く制限を加えることもなく、学校も町の行事として協力していただけるのが都会では体験できない所謂田舎独特の雰囲気ではないでしょうか。また、町外からの参加者も特に参加費をとることもなく行事に参加させることを認めて頂いている町や町内会の皆様には感謝したいと思います。

子供達が楽しく過ごせる行事なのでこれからも続けていきたいものですね。

 



東儀秀樹の雅楽

先日、雅楽師の東儀秀樹さんの講演を聴く機会がありました。雅楽といえば、正月に神社で何かかすれたような音で演奏されているものとしか認識していませんでしたが、今回の講演を聞いて、私の頭の中に日本の文化としてしっかりと認識したものと感じられました。

雅楽の歴史をくどくどと説明しても聴衆は眠くなるだけだということで、彼はその場その場で聴衆の年代等により講演方法を変えながら、雅楽の魅力を皆さんに伝えるようにしているということでした。例えば中高生を相手に講演するときは最初は雅楽の話なんか全く聞く気がないのが普通なので、例えば、先日、アイドル(嵐等)と共演しその人達が雅楽の楽器を使ってこんな音をだしていましたよというような講演の入り方をすると、中高生の目が輝き聴く気が前面に出てくるのがよくわかると言ってました。私もこの話を聞くまではよくわからない雅楽の歴史などを聞かされるものと考えていましたが、実際には全く違っていて、中高生等の一番興味を示さない集団にも聞く気を起こさせるような上手な講師であるということを感じさせられました。

雅楽は、中国、朝鮮から日本に伝来し、定着した世界最古のオーケストラと言えるものだということです。管楽器、弦楽器、打楽器と全て揃った楽団で、ヨーロッパで今のオーケストラができるより早い時代に既に完成していたということです。主に3つの管楽器があり、笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)です。

笙 (和音) 三管
篳篥(主旋律)
龍笛(旋律)

この他に琴、太鼓等からなるオーケストラです。笙(しょう)はまるでパイプオルガンのような音色でしたが、歴史的にはこの楽器をもとにパイプオルガンやアコーディオンができてきたということです。また、篳篥(ひちりき)は一つの音階で抑揚をつけることができ人間の声に例えられる笛のようです。特にこの二つはそれぞれ単独で聴かしていただきましたが心に染み入る音でした。講演後半にはミニコンサートのようなこととなり、いろいろな曲を聴かせて頂きました。最初の演奏は浜辺の歌、仰げば尊し等の唱歌でしたが、日本の良さを感じさせるこのような唱歌は、文部省が歌詞が理解し難いからという単純な理由で教科書から外されているそうです。東儀さんは文部省の単純な考え方のみで子供達にこのような曲を聴かせていない教育に憤りを感じていました。私もそう思います。他にもボヘミアンラプディ等のクィーンの曲やジュピター等、自分の思考の中では今日まで雅楽とは全く繋がらないものを聴かして頂きました。

東儀さんはこの素晴らしい日本のオーケストラをもっと沢山の人に知って貰いたくて従来の雅楽の曲ではなく、唱歌やポップスの演奏を始めたそうですが、やはり周囲から反対や圧力が相当あったようです。もっと自由に活動するために約20年前に宮内庁を退職したそうですがやはりどんな集団にも圧力はありますよね。自分の所属する集団をより良い方向に進めたくてもなかなか難しですよね。私も管理職の時は色々活動しましたがなかなか上手くは行きませんでした。特に若い年代の人は、頑固な管理職が多い集団にいるより東儀さんのように外へ出た方が自由に活動出来るかも知れませんね。

 

D51 煙りを出して走る!!

先日、孫を連れてD51機関車に乗せてきました。と言っても本物の大きさではありません。安平町の道の駅には、本物のD51機関車が展示されており、毎週日曜日には外へ出して展示しています。それと一緒に隣の柏ヶ丘球場で、ミニSL(蒸気機関車)が運行されていました。元機関士らでつくる安平町追分SL保存協会が運行しており、8月中の毎週日曜日と10月14日(鉄道の日)の日に運行予定です。ミニSLと言っても「D51 320」の6分の1の大きさで、長さが3.5m、高さ68cm、幅46cmで2両の客車を牽引し、本物のSL同様、石炭を焚いて走行します。ミニとは言っても本物と変わらず石炭を焚いて蒸気圧で走り、しかもそれを動かしているのが実際に本物ののSLを動かしていた元国鉄の機関士さんたちであるところがすごいですね。如何にもSL町安平町追分らしいですね。運行日には球場内に一周100m程のレールを敷いて、午後0時半から午後2時半をめどにSL保存協会メンバーが運転します。乗車体験は無料で大人も子供も楽しめます。雨天の場合は中止です。問い合わせは安平町教育委員会総合教育グループ(☎︎0145・25・2087)です。

子どたちばかりでなく、SLに興味のある大人の方も是非来てみてください。ミニSLを調整中に保存会の本物の元機関士の人達の話もきけますよ。

 

f:id:sinmaisinia:20190806194055j:plain

f:id:sinmaisinia:20190806194256j:plain

 

f:id:sinmaisinia:20190806194606j:plain

f:id:sinmaisinia:20190806194555j:plain

f:id:sinmaisinia:20190806194543j:plain

f:id:sinmaisinia:20190806194500j:plain