牛乳を作り出すのはどこ?

牛乳は出産しなければ出るようにならないと説明しましたが、その乳房はどの様に発達してくるのでしょうか。

人間の場合は、お産しなくても乳房が大きい人や小さい人等色々な人がいます。でも、動物の場合は違います。

牛は初めてお産をするまでは、乳房の膨らみはありません。小さい乳頭のみがついているのが分かります。

f:id:sinmaisinia:20201222102450j:plain    f:id:sinmaisinia:20201219105353j:plain

左は真後ろから見た写真です。この左の乳頭だけの乳房が、妊娠し、お産が近づいてくるに従って右の写真の様に膨らんできます。これは乳房の中で、牛乳を作り出すための組織、乳腺が発達することによって起こってきます。

それでは乳腺組織とはどういうものなのか。模式図で見ていきましょう。

f:id:sinmaisinia:20201222110928p:plain

乳房の中に筋上皮細胞に覆われた乳腺組織が沢山発達し、乳房が膨らんでいきます。この乳腺細胞に血液が流れることにより、沢山あるそれぞれの乳腺胞腔にホルモンの働きにより牛乳が作られます。そして、ここに溜まった牛乳が、オキシトシンというホルモンの働きにより乳腺槽へ送られ、乳頭槽を通って出て行きます。

人体でも同様なことが起こりますが、人ではオキシトシンは幸せホルモンと言われますね。

f:id:sinmaisinia:20201222112440p:plain

子牛を育てる牛乳を出すために、母牛は幸せな気分になるということですね。

牛乳を乳腺細胞で作り出すのに血液が必要と説明しましたが、では、どれくらいの血液量が必要なのでしょうか。

牛乳1リットルを作りだすのに約500リットルの血液が乳腺細胞に流れ込みます。通常のホルスタイン種は1日20リットルから30リットルの牛乳を出します。つまり、血液量としては10000リットルから15000リットルの血液の流入が必要になります。

通常、体重の13分の1がその動物の血液量と言われます。現在飼われているホルスタイン種の場合、大人になって大体600kgから800kgの体重があります。つまり、46リットルから61リットルの血液が体内を循環しており、平均50リットルとして200回から300回血液が体内を循環していることになります。その他にも、血液は全身の筋肉その他に沢山の酸素を供給するために体内を循環しているので、肺で酸素交換した血液を全身に送り出している心臓は本当に大事な臓器なのですね。

牛は全身を使って牛乳を出していることがわかります。大変ですね。