新人?看護師

入院中、かわいい看護師さんにあたるかなと期待してたら、担当となったのは、なんと男性の新人看護師さんでした。朝の体温チェックなどは一人で回るけど他は先輩看護師さんと回るような段階の人。その新人看護師さんの行動が面白い。

朝の患者チェックの場面

私の喉を見て、順調ですね、昨日より良くなってますね。と昨日の状態をすっかり忘れている様子。昨日より痛いよ〜 と言うと色は良くなってるのですけど? ととぼけた返事。明らかに昨日より赤くなっているのに。

 

今朝の行動

今朝はまだ退院の日も決まってないのに、もう退院手続きについて説明します だって。

少し早すぎない?

 

点滴注射

ある日の午前中、彼は私の腕に注射しにやってきました。私の腕は血管が見易いよといいながらみせると、本当ですね と言いながら注射を始めました。

なんと、1番太い見やすい場所にある血管じゃなくて別の少し細い血管で始めてしまいました。一発で血管に入ったのはいいのですが、それをなかなか前に進められずてこずっているうちに、私の血液は針に連結した短い管をアッと言う間に通り過ぎその辺は血だらけ。

しばらく左手で針を押さえたまま、右手だけで針と点滴の管を繋ごうと悪戦苦闘してから針をテープで押さえればいいことに気づき(自分でテープ用意してあったのに)やっと両手を使って針と点滴管を連結、点滴スピードを調整などしているうちに注射の場所がチクチクし火山噴火のように盛り上がってきて失敗確定。

やり直すため新しい針を取りに行ってきて袋を開けた途端、床にポロリ。

 

この新人(と思われる)看護師さん、技術が今いちなのは仕方ないけどあわてものなのは困りますね。性格的にこの仕事に向いてないような気もしますけど、経験を積んでくれれば経験が性格を補ってくれるのでは。

私も新人(臨床獣医)の頃(40年前)、注射入らなかった思い出はあるけど、慌てたことはなかったなあ(性格の違い?)。

 

 

手術(多形腺腫摘出手術)終了

3日前手術終了しました。手術日は一日中絶食で、口の中の手術なので終了後は鼻から管で液体の栄養を朝、昼、晩と3回入れます。口から食べれないと言うのは実に味気ないものですね。美味しいとか美味しくないとか言う前に、食べ物を口から食べれるだけで幸せなのかもしれませんね。液体栄養は1個200キロカロリーで3個入れるのですが、お腹がゴロゴロして水溶下痢になってしまうのがちょっとたいへん。寝ている間にトイレに行くたくて目覚めることはないけれど、いったん目が醒めるとお腹がゴロゴロしてきて水溶下痢になってしまいます。まぁ、抗生剤も昨日まで使用しているので仕方がないのかもしれませんね。

手術後の痛み止めに内服薬が使用されていますが、これは効きますね。投与後6時間はよく聞いていますが、明け方9時間近く経つと効果は全くなくなり、唾液を飲むのも痛くなります。2、3時間我慢してから朝の栄養剤と共に痛み止めをいれると30分くらいで痛みは綺麗になくなります。薬は副作用を避けて上手に使うと本当に役に立つものですね。

今回6人部屋に入院しましたが、私のように一回手術してよくなれば退院という人はいなくて、他の5人は肺癌などで摘出手術をした後、抗癌剤治療を何クールか繰り返すために、一週間単位くらいで入退院を繰り返している様です。

取れば終わりという入院でもなかなか大変ですが、入退院を繰り返す人たちは、我々には想像出来ない心中ではないかと思います。

多少の不都合かあっても、日常生活の健康が1番幸せなようですね。酒、タバコ、運動不足、暴飲暴食には、くれぐれもご注意を!

新型コロナ!こんな時期に入院だ!

私は今大学病院に入院しています。といっても、緊急で入院した訳ではなく、1月末に決めた日程に従っての入院です。そのためコロナウイルスを心配するこんな時期に入院することになりました。入院理由は、口腔内に多形線腫という腫瘍(良性)が突然出てきたためです。どうしてこんなものが自分に出てきたのかと考えてしまいますが、医者から言わせればそんなに珍しいものではないようです。唾液腺に発生する腫瘍で、今は良性ですが近い将来20%の確率で悪性になることがあるので早いうちに取っておいた方がいいということです。それで今回、仕事を3週間も休んで摘出手術を受けることとなりました。口の中の手術なので術後1週間は食事が出来ず、鼻から管を入れて流動食を入れるらしいです。明後日手術が実施されれば食事ができないのと術部の痛みで肉体的精神的にかなり消耗するとは思いますが、取りあえず一週間くらい耐えるしかありません。

自分のことより、入院したらコロナウイルスのことがどうなっているのかが気がかりでしたが、特にピリピリしているような雰囲気は感じられません。スタッフさん用のマスクや手袋は各病室の前に充分用意してあり、必要なら患者さんも使用してもいいということでした。やはり医療機関だからなのか分かりませんが、マスクが全く手に入らない世間一般とは別世界です。スタッフさんも特に感染を意識している様子は感じられず、通常通りの勤務形態です。やはり我々世間一般は少し過敏になり過ぎているかもしれません。でも、従来認めていた土日の外出は禁止されています。

それにしても安倍首相は、今頃になって水際作戦だなんて、何言ってるのでしょうか。

 

 

コロナウイルス拡散!簡易マスク自作

コロナウイルスが国の実施した水際作戦も功を通さず全国に蔓延してしまっていますね。現実としては国内のみならず世界中に広がってしまっているようで少し心配ですね。1ヶ月ほど前、マスク不足が発生していると言うニュースをみて東京は中国の人とかが買い占めて大変なんだろうなと思っていましたが、職場の同僚にここもマスクがないようだと言うこと聞いて実際に買いに行ってみると、コンビニも薬局もホームセンターも何処に行っても全くありませんでした。ここ北海道でもこんな状態になってしまっていることを実感して驚きました。あれから結構日数が経過していますが一度もマスクを売っているのを見たことがありません。日本全国の皆様も困っているのではないでしょうか。

もうこうなったら自分でそれなりのマスクを作るしかないのかと思って、ネットで調べてみると自作マスクがいくつかのっていたので、自分の自作したマスクの写真と一緒に紹介しますので参考にしてください。

 

警視庁が提案した本当に簡易なマスクです。

f:id:sinmaisinia:20200226114644j:plain

 

 

次に百円ショップのキャンドゥーが提案しているマスクで百円ショップで材料が全て用意出来ます。

 

f:id:sinmaisinia:20200226114949p:plain

このキャンドゥーのホームページから詳しい作り方を写真でみることが出来ます。パソコンかスマホでみに行ってください。

 

次に私の家にあるものだけでマスクを自作した写真も紹介しておきます。用意するものはガーゼ、ゴム紐2本、パンなどの袋を縛るビニールカバーのついた針金1本です。

f:id:sinmaisinia:20200226120707j:plain

まず、ガーゼを一枚かあるいは二枚重ねて開きます。一番上のところにビニールのカバーのついた針がねを置きます。

f:id:sinmaisinia:20200226120726j:plain

この針がねを包むようにガーゼを被せます。

f:id:sinmaisinia:20200226120747j:plain

ガーゼを二回折って完全に針がねを包むようにします。

f:id:sinmaisinia:20200226120804j:plain

次に輪にしたゴム紐を片方のガーゼの端に入れます。

f:id:sinmaisinia:20200226120823j:plain

ゴム紐を入れましたらガーゼの端っこを折り返します。

f:id:sinmaisinia:20200226120841j:plain

ガーゼの反対側も同じ様に折り曲げるともうこれで出来上がりです。ホチキスでガーゼの折り返し部分を留めればより強固なもののになります。

f:id:sinmaisinia:20200226120857j:plain

手持ちのマスクがなくなった場合は、多分もう手に入らないのでこの様な方法で対応してみてください。何もつけないよりずっと効果あると思いますよ。







 

 

コロナウイルスにアルコール消毒は?

今、世界的に特に中国を中心に日本でも新型コロナウイルスによる新型肺炎が大変な話題になっていますね。日本でも感染者が発生し死亡者も出てしまったようです。世間では中国を中心にマスクが品切れとなり、日本でもほとのどの地域で品不足となっているようです。製造は続けられているのですが、入荷してもすぐ売り切れてしますようです。日本で買って中国へ送っている人もいるようです。ニュースは見ていましたが、あまり現実的に感じておらず、マスクがないと言っても東京方面の話かなと感じていましたが、先日、職場でマスクが売ってないと言う話を聞いてから、周辺の薬局関係を見てみると何と何処にもマスクはありませんでした。こんな現実が身近に迫っているとは夢にも思わず気楽に生活していました。中国本土の死者は803人となり、2002~03年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の世界全体の死者数774人を超え、中国や各国は隔離や検疫による対策を急いだが、大規模な流行を防げず、封じ込めは難航し中国全土で感染者も発生は3万7千人に達しているようです。一層の感染拡大が懸念され感染の広がり方が2009年に流行した新型インフルエンザに似ているとの指摘もあるが最近の専門家の情報を聞いていると致死率はそんなに高くないもののようですね。感染し肺炎になっても日本のような医療を受けられる国、地域であれば治癒していくようです。医療環境のよくない国や地域の人々が心配であると言う情報を聞きました。

それぞれができる予防法は一般的なウイルスに対する予防で、これまでのインフルエンザと同様に、外出先から帰ったら、うがいと手洗いを入念に実施することとマスクの着用のようですね。マスクは現在入手できないので、手洗い、うがいに徹するしかありませんね。マスクの生地自体はウイルスを遮断しますが、どうしても隙間からウイルスがが入って来てしまうようです。それよりも咳やくしゃみをして唾液と一緒にウイルスを飛ばさないように、マスクは感染者に優先的に回した方が良いと話している専門家もいるようです。

他に手掌のアルコール消毒が推奨されていますが、これは効くのでしょうか。感染には細菌の感染とウイルスの感染がありますが、細菌は自身で細胞分裂を繰り返し爆発的に増殖します。ウイルスは人の細胞に侵入し増殖します。細菌にアルコールは有効だと思いますが今回問題になっているウイルスには2種類あって次のようになっているようです。

ウイルスの種類

 エンベロープウイルス、ノンエンベロープウイルスに分けることが出来ます。ウイルスのエンベロープとはタンパク質や脂質でできた膜で、ウイルス本体の周囲に存在します

エンベロープウイス

エンベロープがあるウイルス。

この膜はアルコールで破壊することができ、膜が壊れるとウイルス本体を破壊することが出来る。

 
代表的なウイルス   インフルエンザウイルス、ヘルペスウイルス

ノンエンベロープウイルス

エンベロープ自体がないウイルス。

一般的にアルコールや熱に強く、感染力も強いと言われている。

一部これらのウイルスに有効な消毒剤も存在する。

       

代表的なウイルス   ノロウイルス、アデノウイルス(プール熱等) コクサッキー(ヘルパンギーナ、手足口病)など

                    

今回のインフルエンザ関係のウイルスはエンベロープウイルスでアルコール消毒が有効なウイルスですので手洗い、うがいが出来ない場所でもアルコールが設置してあれば積極的に実施してください。他に毎年流行するノンエンベロープウイルスのノロウイルス(下痢、嘔吐)には以前からアルコールは有効でないのではないかと思っていましたが、有効成分であるエタノールのpHを酸性にすることで、抗微生物効果をより高め、従来の消毒液では効きにくかったノンエンベロープウイルスなど、より広範囲のウイルス・細菌に対しても効果を発揮する製品になっているようです。
インフルエンザやノロウイルスなどの感染症を予防するには、こまめな手洗いとうがいが最も効果的ですが、近くに水道がない場合など、すぐに手洗いができないことも。アルコール手指消毒剤なら、外出先でもこまめに手洗いができるのでとっても便利です。
マスクは一生懸命探してもしばらく入荷しないと思いますので、手洗い、うがい、アルコール消毒で感染予防に努めましょう。新型ウイルスの予防効果でインフルエンザも全然流行してないようですよ。

雪上バナナボート

昨日、地元の道の駅で冬のイベントがあり孫2人と一緒に行って来ました。そこで色々なイベントがありましたが、混まないうちにバナナボートに乗って見たいと言うことで、私と孫と3人で乗ってみることになりました。孫はまだ小さいので私が一緒に乗って抑えるような形になりましたが、初めての体験なのですこし緊張して乗って来ました。

バナナボートとは、バナナのような形をした無動力のインフレータブルボートであり、牽引用のレクリエーションボートで、1980年代にグレン・マシューズが発明したといわれます。。通常は3 - 10人乗りで、大きい主要なチューブに座って、ボートを安定させるための2つの外側に取り付けられたチューブに足を置くあらゆるタイプのモデルがあるそうです。今回は雪上なので7、8人乗りのバナナ型のチューブをスノーモービルが引っ張る形態でしたが孫が小さいのですこしスピードを遅めにしてゆくり走ってくれると言うことでした。孫も私もヘルメットをして乗り込みいざスタートしましたが、実際に走ってみるとスピード感があると言うよりは、ビューと走ったと思ったらゆっくりになりすぐまたビューと引っ張られるような感覚で、後ろにひっくり返らないように必死に捕まっていなければなりませんでした。乗り終わった後は腰が痛くてギックリ腰になりかけてしまいました。水上ボートで牽引されればもっとスムーズな走りなのでしょうが、スノーモービルの牽引の場合はそう簡単にはいかないようですね。いつも営業しているようなところだともう少しスムーズな運転なのかもしれませんが、道の駅のイベントなので仕方ないのかもしれませんね。それからもう一つ気になったのが、乗って走っている時ずっとひどく排気ガス臭かったことです。スノーモービルのすぐ後ろなので当たり前なのですが、全然爽快感がなかったのは残念でした。昔、若い頃に自分でスノーモービルに乗って雪上を走ったことがありますがこのときはかなりの爽快感を味わうことが出来た思い出があります。

他に雪だるま作りの体験をしましたが、風が冷たくてとっても寒かったので、後は屋内に入って、特設の駄菓子屋さんで沢山の駄菓子と小さい玩具を買って帰って来ました。

孫たちは帰ってから駄菓子を食べながら、寝るまで買って来た小さな玩具で楽しんでいました。バナナボートはあまり印象に残っていないようでした。印象に残ったのは腰を痛めた私でした。

ハウスクリーニング!!

職場の掃除は毎週火曜日の夕方、退社前に皆で実施しており、各々モップやホウキ、塵取り等を手にして掃除を始める訳ですが、やはりトイレの掃除は誰も積極的には取り組みません。実際に取り組むのは代々我々のような年配者です。やはり若い人はトイレ掃除は苦手なようですね。我々が取り組んでも一般的な掃除程度で、洋式トイレの便器や、男性用の立小便用便器も便器用洗剤を使って磨きはします。でも、40年近く使用しているトイレなのでもう黄ばみがこびりついて簡単には取れる事はありませんでした。洋式トイレの方は新しいのでこのままマメに掃除していけば清潔さを維持していけるとは思いますが、小便器の方はそのうち予算をつけて交換するしかないのかと考えていました。でも、先日、職場に出入りしている清掃業者から便器の清掃もやっているという申し入れがあり小便器の清掃を依頼したところ、黄色だった便器が2時間程度で真っ白になっていました。ハウスクリーニング業者恐るべしですね。光沢がなくなっているのがちょっと気になりましたが、こんなに綺麗になるとは信じられません。改めてハウスクリーニング業者の力を認識しました。

ハウスクリーニングがどんなものなのかちょっとネットで検索してみると近くの店舗の広告が簡単に出て来ました。

f:id:sinmaisinia:20191228145837p:plain

キッチンが12,000円、トイレが7,500円等それなりの値段ですが、よく分からない洗剤を買ってきて、休みを1日消費して掃除した結果それなりにしか綺麗にならないことを思えば決して高い値段ではないように思います。

他にハウスクリーニングと言っても、例えば全国展開しているダスキンは沢山の分野の仕事をしているようです。エアコン、風呂、窓、フローリング、換気扇レンジフード、エアコン、ソファ、洗濯機、浴槽、レンジフード等、色々な物の清掃をプロの仕事として提供しているようです。他に、お墓の掃除や庭木の手入れまでやっているようです。庭木の剪定や処分は造園業に依頼するほど立派な庭でもなく、シルバー人材センターに依頼するとご老体で働いている方に怪我でもされたら大変と思い、仕方なく自分でやっていましたが来年度はハウスクリーニングに依頼したくなりました。

そろそろ自分も怪我しそうな年齢になって来ましたし。