コロナウイルスにアルコール消毒は?

今、世界的に特に中国を中心に日本でも新型コロナウイルスによる新型肺炎が大変な話題になっていますね。日本でも感染者が発生し死亡者も出てしまったようです。世間では中国を中心にマスクが品切れとなり、日本でもほとのどの地域で品不足となっているようです。製造は続けられているのですが、入荷してもすぐ売り切れてしますようです。日本で買って中国へ送っている人もいるようです。ニュースは見ていましたが、あまり現実的に感じておらず、マスクがないと言っても東京方面の話かなと感じていましたが、先日、職場でマスクが売ってないと言う話を聞いてから、周辺の薬局関係を見てみると何と何処にもマスクはありませんでした。こんな現実が身近に迫っているとは夢にも思わず気楽に生活していました。中国本土の死者は803人となり、2002~03年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の世界全体の死者数774人を超え、中国や各国は隔離や検疫による対策を急いだが、大規模な流行を防げず、封じ込めは難航し中国全土で感染者も発生は3万7千人に達しているようです。一層の感染拡大が懸念され感染の広がり方が2009年に流行した新型インフルエンザに似ているとの指摘もあるが最近の専門家の情報を聞いていると致死率はそんなに高くないもののようですね。感染し肺炎になっても日本のような医療を受けられる国、地域であれば治癒していくようです。医療環境のよくない国や地域の人々が心配であると言う情報を聞きました。

それぞれができる予防法は一般的なウイルスに対する予防で、これまでのインフルエンザと同様に、外出先から帰ったら、うがいと手洗いを入念に実施することとマスクの着用のようですね。マスクは現在入手できないので、手洗い、うがいに徹するしかありませんね。マスクの生地自体はウイルスを遮断しますが、どうしても隙間からウイルスがが入って来てしまうようです。それよりも咳やくしゃみをして唾液と一緒にウイルスを飛ばさないように、マスクは感染者に優先的に回した方が良いと話している専門家もいるようです。

他に手掌のアルコール消毒が推奨されていますが、これは効くのでしょうか。感染には細菌の感染とウイルスの感染がありますが、細菌は自身で細胞分裂を繰り返し爆発的に増殖します。ウイルスは人の細胞に侵入し増殖します。細菌にアルコールは有効だと思いますが今回問題になっているウイルスには2種類あって次のようになっているようです。

ウイルスの種類

 エンベロープウイルス、ノンエンベロープウイルスに分けることが出来ます。ウイルスのエンベロープとはタンパク質や脂質でできた膜で、ウイルス本体の周囲に存在します

エンベロープウイス

エンベロープがあるウイルス。

この膜はアルコールで破壊することができ、膜が壊れるとウイルス本体を破壊することが出来る。

 
代表的なウイルス   インフルエンザウイルス、ヘルペスウイルス

ノンエンベロープウイルス

エンベロープ自体がないウイルス。

一般的にアルコールや熱に強く、感染力も強いと言われている。

一部これらのウイルスに有効な消毒剤も存在する。

       

代表的なウイルス   ノロウイルス、アデノウイルス(プール熱等) コクサッキー(ヘルパンギーナ、手足口病)など

                    

今回のインフルエンザ関係のウイルスはエンベロープウイルスでアルコール消毒が有効なウイルスですので手洗い、うがいが出来ない場所でもアルコールが設置してあれば積極的に実施してください。他に毎年流行するノンエンベロープウイルスのノロウイルス(下痢、嘔吐)には以前からアルコールは有効でないのではないかと思っていましたが、有効成分であるエタノールのpHを酸性にすることで、抗微生物効果をより高め、従来の消毒液では効きにくかったノンエンベロープウイルスなど、より広範囲のウイルス・細菌に対しても効果を発揮する製品になっているようです。
インフルエンザやノロウイルスなどの感染症を予防するには、こまめな手洗いとうがいが最も効果的ですが、近くに水道がない場合など、すぐに手洗いができないことも。アルコール手指消毒剤なら、外出先でもこまめに手洗いができるのでとっても便利です。
マスクは一生懸命探してもしばらく入荷しないと思いますので、手洗い、うがい、アルコール消毒で感染予防に努めましょう。新型ウイルスの予防効果でインフルエンザも全然流行してないようですよ。

雪上バナナボート

昨日、地元の道の駅で冬のイベントがあり孫2人と一緒に行って来ました。そこで色々なイベントがありましたが、混まないうちにバナナボートに乗って見たいと言うことで、私と孫と3人で乗ってみることになりました。孫はまだ小さいので私が一緒に乗って抑えるような形になりましたが、初めての体験なのですこし緊張して乗って来ました。

バナナボートとは、バナナのような形をした無動力のインフレータブルボートであり、牽引用のレクリエーションボートで、1980年代にグレン・マシューズが発明したといわれます。。通常は3 - 10人乗りで、大きい主要なチューブに座って、ボートを安定させるための2つの外側に取り付けられたチューブに足を置くあらゆるタイプのモデルがあるそうです。今回は雪上なので7、8人乗りのバナナ型のチューブをスノーモービルが引っ張る形態でしたが孫が小さいのですこしスピードを遅めにしてゆくり走ってくれると言うことでした。孫も私もヘルメットをして乗り込みいざスタートしましたが、実際に走ってみるとスピード感があると言うよりは、ビューと走ったと思ったらゆっくりになりすぐまたビューと引っ張られるような感覚で、後ろにひっくり返らないように必死に捕まっていなければなりませんでした。乗り終わった後は腰が痛くてギックリ腰になりかけてしまいました。水上ボートで牽引されればもっとスムーズな走りなのでしょうが、スノーモービルの牽引の場合はそう簡単にはいかないようですね。いつも営業しているようなところだともう少しスムーズな運転なのかもしれませんが、道の駅のイベントなので仕方ないのかもしれませんね。それからもう一つ気になったのが、乗って走っている時ずっとひどく排気ガス臭かったことです。スノーモービルのすぐ後ろなので当たり前なのですが、全然爽快感がなかったのは残念でした。昔、若い頃に自分でスノーモービルに乗って雪上を走ったことがありますがこのときはかなりの爽快感を味わうことが出来た思い出があります。

他に雪だるま作りの体験をしましたが、風が冷たくてとっても寒かったので、後は屋内に入って、特設の駄菓子屋さんで沢山の駄菓子と小さい玩具を買って帰って来ました。

孫たちは帰ってから駄菓子を食べながら、寝るまで買って来た小さな玩具で楽しんでいました。バナナボートはあまり印象に残っていないようでした。印象に残ったのは腰を痛めた私でした。

ハウスクリーニング!!

職場の掃除は毎週火曜日の夕方、退社前に皆で実施しており、各々モップやホウキ、塵取り等を手にして掃除を始める訳ですが、やはりトイレの掃除は誰も積極的には取り組みません。実際に取り組むのは代々我々のような年配者です。やはり若い人はトイレ掃除は苦手なようですね。我々が取り組んでも一般的な掃除程度で、洋式トイレの便器や、男性用の立小便用便器も便器用洗剤を使って磨きはします。でも、40年近く使用しているトイレなのでもう黄ばみがこびりついて簡単には取れる事はありませんでした。洋式トイレの方は新しいのでこのままマメに掃除していけば清潔さを維持していけるとは思いますが、小便器の方はそのうち予算をつけて交換するしかないのかと考えていました。でも、先日、職場に出入りしている清掃業者から便器の清掃もやっているという申し入れがあり小便器の清掃を依頼したところ、黄色だった便器が2時間程度で真っ白になっていました。ハウスクリーニング業者恐るべしですね。光沢がなくなっているのがちょっと気になりましたが、こんなに綺麗になるとは信じられません。改めてハウスクリーニング業者の力を認識しました。

ハウスクリーニングがどんなものなのかちょっとネットで検索してみると近くの店舗の広告が簡単に出て来ました。

f:id:sinmaisinia:20191228145837p:plain

キッチンが12,000円、トイレが7,500円等それなりの値段ですが、よく分からない洗剤を買ってきて、休みを1日消費して掃除した結果それなりにしか綺麗にならないことを思えば決して高い値段ではないように思います。

他にハウスクリーニングと言っても、例えば全国展開しているダスキンは沢山の分野の仕事をしているようです。エアコン、風呂、窓、フローリング、換気扇レンジフード、エアコン、ソファ、洗濯機、浴槽、レンジフード等、色々な物の清掃をプロの仕事として提供しているようです。他に、お墓の掃除や庭木の手入れまでやっているようです。庭木の剪定や処分は造園業に依頼するほど立派な庭でもなく、シルバー人材センターに依頼するとご老体で働いている方に怪我でもされたら大変と思い、仕方なく自分でやっていましたが来年度はハウスクリーニングに依頼したくなりました。

そろそろ自分も怪我しそうな年齢になって来ましたし。

 

 

忘年会ハラスメント

12月は忘年会のシーズンで何処の職場でも開催かれることが多いと思います。先日、テレビ番組で忘年会の最近の状況を放映していました。昭和の時代からの忘年会の状況のままでは現代社会においては、ハラスメントが詰め込めれた会合と決め付けられていました。現在のハラスメントを考慮すると、我々の年代が考える忘年会自体開催は無理だと思います。番組では、特殊なパターンを紹介していましたが、参加を呼びかけること自体がハラスメントであり、実際に開催しても、若い年代と年配者とは同じテーブルに着かず、年代別にテーブルにつく事により、年配者の聞きたくもない自慢話や昔の話を聞かされるハラスメントを最初から回避するようにテーブル構成を設定する方法や、ネットのテレビ映像で参加する者もいるようなネット忘年会、上司が若い年代に積極的にお酒を注いでまわり口説い話はしない等、我々の年代の年配者には考えられないような忘年会の現実を紹介していました。忘年会に関してよく聞かれるハラスメントとして、セクハラ、パワハラ、アルハラの3つが挙げられます。
今やなんでもかんでもハラスメントと訴えられる時代、企業側はこれらのハラスメントの定義と具体的な事例について、きちんと認識しておく必要があります。特にセクハラとアルハラについて次のような記事があったので紹介します。

セクハラ

男女雇用機会均等法によると、セクハラとは次のように定義されています。

  1. 職場において、労働者の意に反する性的な言動が行われ、それを拒否したことで解雇、降格、減給などの不利益を受けること
  2. 性的な言動が行われることで職場の環境が不快なものとなったため、労働者の能力の発揮に大きな悪影響が生じること

忘年会での具体例としては、性的な経験について尋ねることや女性社員の体に触れることなどは当然のこと、お酌や男性上司の隣に座ること強要することもセクハラの対象となり得るとされています。
セクハラに関しては受け手の捉え方による部分が大きいので、明確にこの行為がセクハラあたるとは断言できない状況です。
しかし、セクハラを受けたと相談を受けた際には、些細なことであっても「それくらいのことで」などと軽くあしらったりせず、真摯に対応を心掛けることが大切です。

アルハラ

飲酒にまつわる人権侵害の行為を指します。具体的には以下の5つとされています。

・ 飲酒の強要
・ イッキ飲ませ
・ 意図的な酔いつぶし
・ 飲めない人への配慮を欠くこと
・ 酔ったうえでの迷惑行為

数あるハラスメントのなかでも、アルハラは最も命の危険に直面するリスクを持っています。近年、急性アルコール中毒により命を落としてしまったというニュースが後を絶ちません。
ちなみに、急性アルコール中毒の疑いが生じた場合のために、以下の救護処置を覚えておくとよいでしょう。

・絶対に一人にしない。
・衣服をゆるめて楽にする。
・体温低下を防ぐため、毛布などをかけて暖かくする。
・吐物による窒息を防ぐため、横向きに寝かせる。
・吐きそうになったら、抱き起こさずに横向きの状態で吐かせる。

吐けばアルコールが排出されて状態が改善すると考えがちですが、酔いつぶれた人を無理に吐かせようとすると嘔吐物がのどに詰まり、窒息する可能性があります。
また、意識のない場合は速やかに救急車を呼ぶ必要があります。
体調を崩すことが分かっていながら飲酒を強要し、急性アルコール中毒で死亡させた場合は、刑法第205条(傷害致死罪)が適用され、3年以上の懲役が科せられます。
昔からお酒の場にトラブルはつきものと言われていますが、企業モラルに注目が向けられる今、企業は十分に人権や健康管理に配慮する義務があります。
安全で楽しい忘年会となるよう、上司や幹事の方はこれらの点を注意しておくべきと思われます。

このようなことを意識しながら忘年会に参加しても全く楽しむ事はできませんね。これなら、職場の忘年会はほとんど酔わずに終わらせて若い年代の愚痴でも聞いてあげて、別の時に先輩や同年代と飲み会を開いた方がゆっくり楽しく酔えますね。

でも、職場で私の年代になると周りは全員年下なので楽しくゆっくり飲むならば一人でゆっくり飲んだ方が気分良く酔えますね。

忘年会ホテル事情

今年も忘年会シーズンになってしまいました。皆さんは何回くらい忘年会に参加されますか。個人的なもの、職場のもの、あるいは営業のための仕事の一環として連日参加せざるを得ない方もおられるのではないでしょうか。

私は職場の忘年会くらいしかなく、あとは町内会の会館でやる町内会役員の忘年会くらいしかありません。ここ数年は、職場の忘年会の場合、ホテルに宿泊し翌日は有給休暇を取ってゆっくり二日酔いを覚ましながら帰って来ています。昔は、職場の事務所に何人かで雑魚寝したり、無理に汽車で帰ってこようとして寝入ってしまい乗り越してしまい、夜中の田舎駅で途方に暮れて仕方なく徒歩で7kmも真冬の夜中に歩いて帰った経験もありました。でもまだ30代の元気な頃だったので翌日も何の影響もなく仕事をする事が出来ました。でもここ10年くらいは、会の終了後慌てて帰るのも大変で、翌日の仕事も大変なので安いホテルに宿泊するようになりました。こうする事により、当日の忘年会もゆっくり参加でき、それなりのベットでゆっくり酔っ払った身体を労って寝る事ができるようになりました。酔っ払って寝るだけなので、安めのホテルを予約して約4000円台で泊まる事が出来ていました。しかし、最近では千歳空港のある千歳市ではホテルが全体的に高価になって来ています。札幌なら安めのホテルもまだまだあるようですが、千歳市では一泊朝食付きだと4000円台がなく、5000円台(消費税が入ると6000円近くなってしまいます。)しかありません。数年前まで4000円台でよく宿泊していたホテルは例年と同じ時期なのに7,000円にまでなっています。忘年会の参加費と合わせるとかなりの出費となってしまいます。それでも、泊まらない訳にも行かないので一泊5900円で普通のビジネスホテルに宿泊しましたが、チェックインとチェックアウトの時は中国の人達でごった返していました。昔はこんなに中国の人たちは千歳市には宿泊せず札幌に行っていたようですが、最近は事情が変わったのでしょうか。宿泊費の値上がりには利用客の増加がかなり影響しているのでしょうから仕方ない事なのかもしれません。酔っ払って寝るだけで6000円近い出費は我々サラリーマンにはちょっと大変ですよね。

 

忘年会について次のような記事があったので紹介しておきます。

忘年会の由来についてはハッキリと特定はされていませんが、遡ること鎌倉時代。貴族などの上流階級の人たちが集い、一晩中和歌を詠んだと言われる「としわすれ」という行事が忘年会の起源だと言われています。現在の忘年会のような飲み会ではなく、もっと静かで厳かな年中行事だったようです。そんな現在の忘年会のスタイルに近づいたのが江戸時代庶民の間で、1年の苦労を忘れるため酒を酌み交わす習慣が生まれました。

そして忘年会が定着したのが明治時代です。年末に里帰りしなかった学生や、お給料をもらったばかりで懐が暖かい官僚が、年末に忘年会を始めたとのこと。これが文明開化の流れとともに
世間に広まり、当たり前の年中行事になったというわけです。

文献では、明治後期に書かれた、夏目漱石の「吾輩は猫である」に忘年会という言葉が初めて
出てきたそうです。特に注釈も付いていないことから、この頃にはすでに忘年会という言葉が当たり前に使われていたという。

 

子供園お遊戯会事情

先日、孫のお遊戯会を観に札幌へ行ってきました。自分の子供のお遊戯会は今から30年近く昔のことになってしまうので現在の事情とは全く違う時代でしたが、その当時は今も住んでいる田舎町の中でしたので先日行った札幌の子供園とは全く違うものでした。お遊戯会の始まりから終わりまで町内の人なら誰でも観に行けるような状況でした。自分の子供だけでなく他の家の子供達も全員顔も知っている子供たちなので、自分の子供の出るシーンだけでなく劇、あるいは合唱等の全体を楽しむ傾向があったようです。人口が元々少ないので、子供達が一生懸命練習した成果をなるべく沢山の人に見て頂きたいという雰囲気があったのではないでしょうか。あれから30年近く経った現在でも我が町では事情はほとんど変わってないものと思われます。それどころか人口が減少しているので子供の人数もかなり減ってきてしまっているようで、昔より寂しい状況になってしまっているのではないかと思われます。

それに比べて、都会札幌の事情は全く違いました。子供園なので小さい子供から沢山の子供が所属しており、孫の出演状況を見ただけでも1クラス40人近くが約15分くらいの間に出演が終わるように設定されていました。少し早めに到着して他の子供の劇も観れると楽しいのかなと思いましたが、そんなことはできないようなシステムになっていました。1つのクラスごとに親等の鑑賞者は総入れ替えで、30分以上前から親たちは会場の前に列を作って並んで待ちます。そして、前のクラスが終わって前のクラスの親たちが会場から出ると並んでいた次のクラスの親たちが入って来て観覧席に座ります。そして自分たちの出番が終わったら子供も親もそのまま帰らなければなりません。うちの孫の出番も15分くらいの劇のうちの何分かですぐ終わってしまいました。都会では待機児童がいるくらい子供の人数が多いためこのような現実も仕方ない事のようですね。我々夫婦二人で当日田舎から朝早く出ていくのは大変なので、前の晩に札幌まで行って夫婦の忘年会を兼ねて札幌に前泊しましたが、本番はあっという間に終わってしまいました。都会は子供も親も大変ですね。

話は変わりますが、このお遊戯会の帰り道、燃料屋さんの店舗の片隅に木工製品を並べて、「ご自由にご覧ください」というところがあったので入ってみました。そこには、北海道でも有名な木工の工房が沢山ある北海道東川町の木工製品や、そこのご主人が作った簡易な製品、東川町の工房の所在パンフレットなどが展示されていました。店員さんの話によれば、そのお店の社長さんが木工製品に興味を持っており、作品作りにも一生懸命で取り組んでいるという事でした。本業の燃料屋は若社長(息子)に任せて自分は木工に取り組んで、仲間を集めて東川町に視察に出かけたり、木工細工の場所がない人たちには自由に使えるように自分の工房を貸出したり、我々シニア世代には理想的な生活しているのではないかと少し羨ましく思ってしまいました。

私も木工に興味があり、工房借りたいくらいですが、やっぱり、札幌に住まなければ無理なんでしょうね。

 

流行語大賞はスマイリングシンデレラ?

毎年発表される流行語大賞は世相を反映した面白いものが多いですね。ここ数年の大賞を調べてみたら次のようなものがでてきました。

2007年 どげんかせんといかん(東国原英夫=宮崎県知事)

    ハニカミ王子(石川遼)

2008年 アラフォー(天海祐希)

    グ~!(エド・はるみ)

2009年 政権交代(鳩山由紀夫=内閣総理大臣)

2010年 ゲゲゲの~(武良布枝=「ゲゲゲの女房」著者)

2011年 なでしこジャパン(小倉純二=日本サッカー協会会長)

2012年 ワイルドだろぉ(スギちゃん)

2013年 今でしょ!(林修=東進ハイスクール講師)

    お・も・て・な・し(滝川クリステル)

    じぇじぇじぇ(宮藤官九郎、能年玲奈)

    倍返し(堺雅人、TBS「半沢直樹」チーム)

2014年 ダメよ~ダメダメ(日本エレキテル連合)

    集団的自衛権(受賞者辞退)

2015年 トリプルスリー(ソフトバンク柳田悠岐、ヤクルト山田哲人)

    爆買い(羅怡文=ラオックス社長)

2016年 神ってる(広島緒方孝市監督、広島鈴木誠也外野手)

2017年 インスタ映え(CanCam it girl)

    忖度(稲本ミノル=株式会社ヘソプロダクション代表取締役)

2018年 「そだねー」(ロコ・ソラーレ 平昌オリンピックカーリング女子日本代表)

特に2018年の大賞は北海道のカーリングのチームの言葉で私たち北海道のものには普通の言葉のようですが、方言であることと親しみ易いということで選ばれたのではないでしょうか。

 

さて、今年の流行語大賞の候補には沢山の候補が上がっているようです。

(1)あな番(あなたの番です)
(2)命を守る行動を
(3)おむすびころりんクレーター
(4)キャッシュレス/ポイント還元
(5)#KuToo
(6)計画運休
(7)軽減税率
(8)後悔などあろうはずがありません
(9)サブスク(サブスクリプション)
(10)ジャッカル
(11)上級国民
(12)スマイリングシンデレラ/しぶこ
(13)タピる
(14)ドラクエウォーク
(15)翔んで埼玉
(16)肉肉しい
(17)にわかファン
(18)パプリカ
(19)ハンディファン(携帯扇風機)
(20)ポエム/セクシー発言
(21)ホワイト国
(22)MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)
(23)○○ペイ
(24)免許返納
(25)闇営業
(26)4年に一度じゃない。一生に一度だ。
(27)令和
(28)れいわ新選組/れいわ旋風
(29)笑わない男
(30)ONE TEAM(ワンチーム)

 

全体的に今年の流れとしては、ラグビー日本代表のワールドカップでの戦い振りが世相を盛り上げたと思います。初めてのベスト8進出という快挙を成し遂げて、日本ではややマイナーなスポーツであるにもかかわらず、沢山の人がにわかファンとなって日本での開催を盛上げました。このラグビー日本代表の話題が中心となりそうな気がします。ジャッカル、にわかファン、笑わない男、ワンチーム等が候補に出ており、ラグビー日本代表がワンチームの精神を掲げ、日本代表が一つのチームとして結束を固めて偉業を成し遂げたので、この「ワンチーム」という言葉が選ばれそうな気がします。でも、今日本でこの言葉が選ばれると、政治的に今の長期安倍政権のあり方を肯定しているようで嫌な気分になります。それよりもっと爽やかな気分にしてくれる「スマイリングシンデレラ/しぶこ」の方が精神的にずっといいような気がするのは私だけでしょうか。