牛の出産

牛のお産はどのように行われるのか。ここで説明していきたいと思います。

牛は分娩予定日が近づいてくると、乳房が張ったり、尾の付け根が窪んだり分娩兆候が見え始めます。

f:id:sinmaisinia:20210131112132j:plain

f:id:sinmaisinia:20210131102541j:plain

 

写真のように分娩に先立って骨盤の靱帯が弛緩するために、尾の付け根(尾根部)が陥没します。

 

分娩が始まると、尾を上げて、立ったり座ったり落ち着きのない様子に陥ります。

次に陣痛が強くなってきて、一定の間隔で陣痛がきます。この間隔と強さがまだ弱い時は立った状態のままですが、時間が経過し陣痛が強くなってくると、母牛は寝転んで陣痛が来る度に苦しそうな鳴き声を出します。

f:id:sinmaisinia:20210131103805j:plain

母牛の陣痛がより一層強くなり胎子が産道内へ進んでくると、写真のような胎子を覆う一番外側の袋(尿膜)が破れ、水のようなさらっとした液体が出てきます。この液体は胎児の尿が一旦溜まっているといわれています。これが一次破水ですが、これは外で破れる前に膣の中(産道の途中)で破水してしまう場合も多いようです。

個体差はありますが、尾の挙上が見られてから一次破水までに平均3〜6時間くらいかかります。

一次破水が終わると、30分から2時間くらいで胎児と羊水の入った二次の胎胞が陣痛と共に出てきます。

f:id:sinmaisinia:20210131112701j:plain

 

f:id:sinmaisinia:20210131112611j:plain

この状態で陣痛が続きニ次破水が起きます。ニ次破水と共に出て来る液体は、胎児が陣痛で押し出されやすい様に、ドロドロした半透明の液体(羊水)です。

陣痛と共に胎児が押し出され、前肢に続いて頭が出てきます。

f:id:sinmaisinia:20210131114127j:plain

ここまでくれば、後は陣痛と共に出生します。

f:id:sinmaisinia:20210131114226j:plain

このような経過でお産しますが、母牛のお腹の中で次のような状態でいます。

f:id:sinmaisinia:20210131114603j:plain

普通はこの模式図のような体勢で陣痛を待っていますが、難産も色々発生します。

前肢が出ないで顔だけが先に出てしまう場合、後肢から出てくる場合、お尻から出て来る場合など色々な難産があり、その時は依頼を受けて獣医師が往診します。

正常なお産は農家の人たちで処理されていきます。

 

牛の妊娠

牛乳を搾る(搾乳)ために飼われている牛たちは、お産することにより牛乳が出始めますが、では、どの様にして妊娠しお産するのでしょうか。

酪農の牧場には、雌牛しか飼われていません。雄牛は成長しても牛乳を搾れないため、一週間くらいで市場に出されてしまいます。

では、どの様にして妊娠するのでしょうか。肉牛等場合、昔は雌の群の中に雄牛を1頭入れておいて雄牛が勝手に交配していく、所謂、「まき牛」という方法を多くとっていました。

f:id:sinmaisinia:20201224113236j:plain

牛群の中に写真の様な種雄牛を1頭入れて「まき牛」を行っていました。

 

現在では、凍結精液(精液を0.5mlのストローに充填し凍結したもの)が簡単に流通し多種多様な精液を容易に入手することができるようになったため、人工授精が行われる様になりました。

雌牛だけの牛群の中でどの牛に人工授精を実施するのか?それは雌牛だけの群でも、その中に発情の牛(雄牛を許容できる、排卵直前の状態)がいると雌牛同士で乗り合う乗駕行動をします。その時、乗られてもじっとして動かない牛(スタンディング発情と言います。)が人工授精を実施できる牛です。

f:id:sinmaisinia:20201224121728j:plain

 

人工授精はどのように行われるのでしょう?

0.5mlのストローに入った凍結精液をお湯で融解し、精液を入れるための注入器に装着し、これを獣医師か人工授精師が雌牛の子宮の中に注入します。

f:id:sinmaisinia:20201224160513j:plain 

    

f:id:sinmaisinia:20201224160530p:plain

上の写真が精液の入ったストローです。これを下の注入器に装着し、人工授精を実施します。


f:id:sinmaisinia:20201224123242p:plain   f:id:sinmaisinia:20201224123302j:plain

直腸検査といって片方の腕を直腸に挿入し、直腸壁を通して子宮の上から入り口を捕んで、注入器を子宮内に誘導し、反対の手で注入器の中芯を押して精液を子宮内に注入します。

 

こうして母牛は妊娠します。上手くいけば1回で妊娠しますが、最近のデータでは2回から3回くらい性周期(平均21日)ごとに人工授精を繰り返してようやく妊娠することが多くなっています。乳量が少なかった時代は1回くらいで妊娠するのだ普通だったのですが、品種改良が進み乳量が増加するに従って次第に妊娠しずらくなってきています。

f:id:sinmaisinia:20201224170559j:plain

 

直腸検査や超音波装置、牛乳の中に出てくるタンパク質の測定等により妊娠鑑定して妊娠が確定したら出産の予定日を決めます。

牛の場合は、人工授精の実施日の月数から3を引いて、日に7を足した月日を出産予定日とします。例えば、7月6日に人工授精が行われたとき、月数の7から3を引いて4月、日数の6に7を足して13日、つまり来年の4月13日が出産の予定日となります。間に2月があるかないかにより多少異なりますが、妊娠期間288日から289日が出産予定日となります。

牛は人工授精が行われる発情の翌日に排卵しますが、人間の排卵日は明瞭でないため、最終生理を基準にして280日を足して予定日とするようです。

 

 

 

牛乳を作り出すのはどこ?

牛乳は出産しなければ出るようにならないと説明しましたが、その乳房はどの様に発達してくるのでしょうか。

人間の場合は、お産しなくても乳房が大きい人や小さい人等色々な人がいます。でも、動物の場合は違います。

牛は初めてお産をするまでは、乳房の膨らみはありません。小さい乳頭のみがついているのが分かります。

f:id:sinmaisinia:20201222102450j:plain    f:id:sinmaisinia:20201219105353j:plain

左は真後ろから見た写真です。この左の乳頭だけの乳房が、妊娠し、お産が近づいてくるに従って右の写真の様に膨らんできます。これは乳房の中で、牛乳を作り出すための組織、乳腺が発達することによって起こってきます。

それでは乳腺組織とはどういうものなのか。模式図で見ていきましょう。

f:id:sinmaisinia:20201222110928p:plain

乳房の中に筋上皮細胞に覆われた乳腺組織が沢山発達し、乳房が膨らんでいきます。この乳腺細胞に血液が流れることにより、沢山あるそれぞれの乳腺胞腔にホルモンの働きにより牛乳が作られます。そして、ここに溜まった牛乳が、オキシトシンというホルモンの働きにより乳腺槽へ送られ、乳頭槽を通って出て行きます。

人体でも同様なことが起こりますが、人ではオキシトシンは幸せホルモンと言われますね。

f:id:sinmaisinia:20201222112440p:plain

子牛を育てる牛乳を出すために、母牛は幸せな気分になるということですね。

牛乳を乳腺細胞で作り出すのに血液が必要と説明しましたが、では、どれくらいの血液量が必要なのでしょうか。

牛乳1リットルを作りだすのに約500リットルの血液が乳腺細胞に流れ込みます。通常のホルスタイン種は1日20リットルから30リットルの牛乳を出します。つまり、血液量としては10000リットルから15000リットルの血液の流入が必要になります。

通常、体重の13分の1がその動物の血液量と言われます。現在飼われているホルスタイン種の場合、大人になって大体600kgから800kgの体重があります。つまり、46リットルから61リットルの血液が体内を循環しており、平均50リットルとして200回から300回血液が体内を循環していることになります。その他にも、血液は全身の筋肉その他に沢山の酸素を供給するために体内を循環しているので、肺で酸素交換した血液を全身に送り出している心臓は本当に大事な臓器なのですね。

牛は全身を使って牛乳を出していることがわかります。大変ですね。

 

牛乳はどこから生まれるの?

皆さんは「うし」というとどんな動物を想像するでしょう。日本では、牛乳を搾るための乳牛か、但馬牛などで有名な肉牛を想像すると思います。世界では、多種多様な乳牛や肉牛がいて、ホルスタイン種やブラウンスイス種等の乳牛、アバディーンアンガス種やヘレフォード種等の肉用種、乳肉兼用種のシンメンタールなども飼われています。

f:id:sinmaisinia:20201219100558j:plainf:id:sinmaisinia:20201219100615j:plain

ホルスタイン種            ブラウンスイス種

この2種類が日本でよく見られる乳牛です。

 

f:id:sinmaisinia:20201219102017j:plain    f:id:sinmaisinia:20201219102104j:plain

アバディーンアンガス種           黒毛和種

上の二つの写真はいずれも肉牛ですが、どちらも日本にもいます。特に黒毛和種は、日本固有の肉牛として、海外に輸出しない方針を国がとっています。しかし、オーストラリアやアメリカではすでに黒毛和種が生産、肥育されています。

皆さんにはどちらも同じ種類の牛に見えると思います。この2種類の種類の違いはわかりますか?

黒毛和種は角(有角)がありますが、アバディーンアンガスは角(無角)がありません。

 

さて、皆さんの生活の中で乳牛と関連したことといえば、色々あるとは思いますが、学校給食などにいつも出ていた牛乳ではないでしょうか。もちろん、ヨーグルトやチーズ等の加工乳製品も食べているとは思いますが、なんと言っても牛乳が最も身近にあるのではないでしょうか。

では、牛乳はどんな物で、どのように作られるのでしょうか。皆さん、考えたことはありますか。写真などでよく見かけるホルスタイン種を飼えば、牛乳を搾り続けられると考えていませんか?

f:id:sinmaisinia:20201219105353j:plain

違います。ホルスタイン種は牛乳を沢山搾るために改良されてきた種ではありますが、本来は動物です。牛乳は子牛に授乳し、育てるためのものです。

f:id:sinmaisinia:20201219110523j:plain

この子牛を育てるための牛乳を食品にするため、人間が家畜として乳牛を飼うことにより機械で搾り(搾乳と言います)、食品として手を加えて販売しています。つまり、子牛を妊娠し産まなければ牛乳は出ないのです。

乳牛を飼っている酪農家は、牛の健康状態を観察しながら、牛に人工授精を実施し妊娠させ、約290日後には出産(分娩)できるように管理しています。現実的には平均で430日くらい(北海道)に一回出産できるように管理されています。

分娩した牛の牛乳は4、5日くらいは初乳と言って子牛に渡すための免疫タンパク質の沢山含まれたものが出るため、この期間のものは子牛に飲ませることにより、子牛の健康を確保します。この時期を過ぎたものは全て搾乳により搾り取られ、バルククーラーというタンクに貯留されてから、専用のタンクローリーにより出荷されていきます。

 

少し分かってもらえましたか?牛乳は乳牛からずっと搾り続けられるのではありません。

 

 


 

かんぽ不正販売問題 今も続く

かんぽ不正販売問題とは次のような内容です。

日本郵政グループ傘下の日本郵便の郵便局員が、嘘の説明などをもとに、かんぽ生命の保険商品を不正に販売していた。郵便局員400人超の法令違反2200人超の社内ルール違反が認定されたが、調査や処分はまだ続いている。金融庁などは昨年末に、日本郵便やかんぽ生命に一部業務停止を命じた。かんぽ生命は現在も積極的な営業は自粛している。

これが大体の概要であり、日本郵政グループのかんぽ生命の不正問題は今節目を迎えようとしています。会社側は役職員の大量処分を行い保険の営業再開を検討中である。しかし被害者は今も不利益が回復していないと訴える人も多く、例えば今回新聞の記事に載っていた人は次のようなことを訴えています。

母親が郵便局員に、「このままだと相続争いになる」などと説得され複数の書類に署名、母親自身は今の生命保険の保険金受取人を自分から息子に変える手続きだと思っていました。しかし内容は今の保険を解約し、新たな保険に加入するというものでした。この場で郵便局員は家族の同席を拒否するよう求め、契約の内容も本人が思ってるものと違う内容にし、告知書の記入については「全部いいえに丸を」と指示していました。

この内容について郵便局員側は家族の同席を求めたのに本人が当日中の手続きを希望したためそのまま契約を行い、重大な問題はないとしています。

日本郵政側は問題はなかったと主張し、本人が主張してることに対し和解案を示して掛け金を返すとしており、内容の不正については認めていないということらしいです。

このような被害者がまだ納得していないという段階なのに、保険事業の営業再開を検討中という日本郵政グループはどのような考えがあるのでしょうか。社内で大量処分を行ったからというだけで信用を回復できる訳がないのではないでしょうか。

加入内容を本人に明瞭に知らせないまま違う保険に入らせてしまうことは言語道断であります。さらに告知書の記入に「全部いいえに丸を」と指示したということは、我々が保険に加入する際も時々あることとは思いますが、それは本来、信頼関係が成り立っている中でのやり取りであるはずです。

日本郵政が民営化される前の郵便局は地域の住民の拠り所であり、郵便局員は高齢者にも本当に信頼されながら仕事をしていたと思います。

私が仕事によく訪れていた高齢者夫婦は、田舎で自家用車もないため生活費その他現金が必要なときはいつも郵便を届けてくれる郵便局員に通帳と印鑑を預け、翌日現金を持ってきてもらうようお願いするのが普通でした。ここのおばあちゃんが「私たちは郵便屋さんのおかげで生活させてもらってるよ」といつも言っていたのが印象的に思い出されます。

また、私が若く、子供も小さくてまだあまりお金がかからなかった頃、子供にかけた学資保険の掛金を集金に来る郵便局員の人が、子供が小さいうちに貯金を沢山しといた方がいいというアドバイスをくれて、その当時金利の一番高い定額貯金教えてもらい、そこに貯金したお金が10年後には2倍になって戻ってきたのを覚えています。

昔、郵便局は信頼できるところだったのに、なぜ民営化されてからこのような不祥事が起きたのでしょうか。公務員として郵便局で働き生活していた人たちが、民営化を境に急にノルマをかけられるような働き方をしなければならなくなり、民間の保険外交員のような教育を受けていなかったため、ノルマ達成のことだけを最優先に仕事をするようになってしまったのではないでしょうか。会社自体も公務員的な感覚のまま事業を進めた結果で、この部分をしっかり教育して行けなければ日本郵政の郵便局は生き残っていくことができないのではないでしょうか。

 

馬の妊娠期間は11ヶ月 ばんえい競馬でレース前日に出産

帯広市が主催するばんえい競馬場で出走予定だった馬牝3歳が、出走予定前日に厩舎内で出産しているのが発見され出走を取り消すという事件が起きました。

この母馬は今年ばんえい競馬の競走馬としての能力検査に合格し、今月3日にデビューしたばかりの馬でした。今回2回目の出走レースとして予定を組んでいましたが、その前の日に子馬を出産するという珍事が起こってしまいました。

厩務員や調教師は馬の妊娠に気づかず、出産前日も乳房が張ったりする兆候が見られないことから分娩が近いとは全く気付かなかったと言っているそうです。

一般的な場合は、分娩直前に乳房が張り乳頭の先に乳ヤニと言われるものが付着、尾の付け根の周囲が陥没気味になる「いわゆる産道が落ちる」と言う体型的な変化も現れてきていたはずですが、何と言っても競馬場の中ですからまさか妊娠している馬がいるとは誰も思っていなかったため分娩に気がつく事が出来なかったのではないでしょうか。

調教師は妊娠に気づくことができなかったという理由で戒告処分を受けたということです。ちょっと気の毒な気もします。

馬の妊娠期間は11ヶ月、330日を基本としており人間よりも長い期間妊娠が続きます。

ばんえい競馬の馬たちは元を辿れば、昔畑を耕したり木材を運んだりいろいろな使役に一年中使われていたはずです。そのため妊娠期間中もいつも通り働いていたのでしょう。

特に馬は妊娠に関わらず、長い時間に寝転ぶことがないので今回妊娠末期に至っても通常通り生活していたものと思います。

今回出産した日から逆算すると交配日は昨年畜主の牧場にいた時期になります。

一般的には馬の出産は春だけで季節繁殖動物と認識されていますが、これは人が経済的な理由で交配時期を調整しているだけの話です。つまり、交配時期が遅れて出生が遅れると、同じ年齢の馬でも成長の度合いがかなり違ってきます。遅く生まれた馬はかなりのハンディーを追って成長し能力検査を受けることになるので不利な条件になってしまいます。そのため毎年7月くらいまでに交配を終了することによって出生時期を調整しています。

馬は季節繁殖動物ではなく、一年中、性周期が回って発情が来ます。寒くなってくると暖かい時期よりは性周期は回りにくくなりますが、発情は来て交配すると妊娠もできます。今回の競馬場での出産の場合も、通常の交配時期を過ぎた9月に自然交配したものと考えることができます。

それにしても妊娠末期臨月になってから競馬に出走したということは大変つらかったのではないかと心配になってしまいます。

核のゴミ

北海道の寿都町が、原子力発電所から出る放射性廃棄物、いわゆる“核のゴミ”の最終処分場建設に向けた調査への応募を検討していることがわかりました。国内にはまだ、原子力発電所から出る高レベルの放射性廃棄物を地中深くに埋める処分場はありません。調査の第一段階になるのは『文献調査』です。約2年をかけ、過去に起きた地震や地質について調べます。

寿都町は「風のまち」として有名な町で、住民合意と環境配慮をふまえて道内でも珍しい公設風力発電を設置し、売電によって町財政にも繰入れてきました。養殖牡蛎も他の自治体との差別化をすすめ、これも道内でも珍しく5月の連休後の出荷をすすめてきた町です。北海道寿都町・片岡春雄町長は「結構その交付金はおいしいものがあるよねって。ただそれ欲しさにやるのではなくて、コロナで相当この町も痛めつけられて、来年度以降、これからの財政どうなっていくんでしょうと」 と述べていますが、北海道には「放射性廃棄物の持ち込みは、慎重に対処すべきであり、受け入れ難い」とする条例があり、鈴木北海道知事は条例を遵守して頂きたいと述べています。これに対し、片岡春雄町長は「原発は受け入れといて、最終(処分場)は受け入れないよというのは、いかがなものかなと個人的にはそう思いますがね」とも述べています。調査検討のきっかけとなったのは、胆振東部地震後に今後の防災のために地質調査の補助金を調べていた事を挙げ、「地質調査までやらなければ意味がない。概要調査までは近隣市町村や道の意見は聞かない。」と述べているようです。

では、この受け入れによってどんなメリットがあるのか、

調査は3段階あり、最初の文献調査(2年)は過去の地震などを調べ、次の概要調査(約4年)は地質調査、最後の精密調査(約14年)は地下深部に調査施設を設ける。最初の2段階、文献調査と概要調査だけで約90億円の地方交付金が支給されます。

この交付金は町財政にとっては大変大きな金額になり、財政的には魅力あるものではあります。しかし、国のこのような方法は、原子力発電所誘致の時代も利用され、「原発は安全です」と宣伝し、東京には造らず、地方交付金を武器にして財政の苦しい市町村に受け入れをさせてきた経緯があります。

2007年に調査への参加を表明した高知県東洋町では、町を二分する議論になり、応募を取り下げました。

橋本大二郎高知県知事(2007年当時)は「お金で頬を張って、こうした施設を地域に受け入れさせる国の原子力政策そのものが間違っている」と述べています。今更言っても遅すぎますが、原発政策を始める段階で、最終処分の問題も国の政策として方向性を示しておくべきだったのではないでしょうか。